ブレーキパッドの点検編


車は現代社会において仕事や日常生活を支える機械として重宝されています。
様々な場所へ移動が出来る車ですが、ドライバーが安全に車を走行させる為には定期的な点検を行なう必要があります。
特にブレーキ周りを確認しておくことは大切です。
なぜなら、車の走行速度を減速したり、車を停止させたりする為に重要な役割を持っているブレーキがしっかりと機能していれば安全に車を走行させることが出来ますが、ブレーキが機能しなければ安全に車を走行させるには不安があり、事故の原因になりかねません。
車のディスクブレーキの一部分としてブレーキパッドがあります。
ブレーキローターを押さえることで摩擦の制動をコントロールすることが出来る部品であり、車を安全に走行させる為には大切な部品の一つであると言えます。
自動車工場での点検では、ブレーキ周りやエンジン周りやタイヤ周りなど車のあらゆる部分を検査していきます。
車検証は自動車工場で入念に検査を行ったということを証明する物であり、車に安全に乗ることが出来ることを証明しています。
検査の際に異常が見られた場合には、新しいパーツに交換するのが一般的です。
近年では、修理コストを下げる為にリサイクルパーツの使用を行なう業者もあります。

タイヤの点検編


日常生活に欠かせない自動車を安全に走行させる為には、車を定期的に点検することが大切です。
車のパーツの中でも重要な箇所としてはタイヤがあります。
車が走行する際に常に道路に接しており、車の乗り心地や車の走行性能が決まってきます。
車検を行なうことで、ひび割れや擦り減りなどを発見することが出来ます。
近年では内部に空気を入れたチューブが使われないタイプの物が主流になっており、交換も車種さえ合っていれば容易に出来るようになっています。
交換パーツとしてストックするドライバーは多くおり、新品の物以外にリサイクルされた物を購入することで新品を購入するよりも多くストックを持つことが可能になります。
車検によって色々なパーツの検査を行なうことができ、事前に車の異常を早期発見することができ、修理やパーツの交換を行なうことで安全に車に乗ることが出来るようになります。
チェックをするポイントとしては、ブレーカーコードやトレッドやサイドウォールなどがあり、異物混入を防いだりする役割があります。
それぞれのパーツが本来の働きをすることで、車の走行性能を引き出せます。
車種によってサイズや大きさが違うので、車に合った物を使用することが必要です。

点火プラグの点検編


ガソリンエンジンは、ガソリンと空気の混合気をシリンダ内で圧縮し、この圧縮混合気に点火して爆発燃焼させます。このときの混合気の爆発力によって、シリンダ内のピストンを押し下げられます。このときのピストンの動きは、コネクティングロッドを介してクランクシャフトで回転運動に変換され、さらに、ドライブシャフトを介して車輪に伝えられます。

上記のガソリンエンジンにおいて、シリンダの上部には、圧縮された混合気に点火する点火プラグが設けられています。このプラグにおいて、点火時期のずれや点火不良が発生すると、混合気をベストな状態で燃焼させることができず、エンジンに不調が発生します。
それを防止するためには、定期的にプラグを点検することが重要です。

プラグの点検は、プラグをエンジンから取り外して行います。なお、エンジンが止まった直後は非常に熱いため、プラグの取り外しは、エンジンが十分に冷えてから行うことが必要です。
取り外したプラグは、まず、ススなどが異常に付着していないかを調べます。ススが大量に付着している場合は、シリンダ内部で異常燃焼が生じている可能性が高いです。
また、火花が散るプラグギャップが適正かどうかを測定します。プラグギャップが広がりすぎていると火花が散らずに点火不良を起こす要因となります。

バッテリーの点検編


現代社会において仕事やプライベートで活躍してくれる車は定期的な点検によって安全に車に乗ることが出来ます。
バッテリーはエンジンを起動させる際に必要な物であり、その他にもライトなどの照明を点けたり、近年ではカーナビや車の制御にコンピューターが使われているので、コンピューターの電源としてもよく使われています。
その為、蓄電池の検査は定期的に行なっておく必要があり、蓄電池が正常に充放電が行われるか確認をしておかなければいけません。
蓄電池はガソリンと同様に現代の車にとっては命と言える物になっています。
蓄電池の状態を確認することはユーザーでも出来ます。
蓄電池の液量がUPPER LEVELとLOWER LEVELの間の半分以下になっている場合には、UPPER LEVELまで精製水を補充しておきます。
また、蓄電池がひび割れていたりしていないか目視で確認することが必要です。
なぜなら、液漏れがしているとショートなどの原因になるからであり、蓄電池に異常が見られれば、蓄電池を交換しておきましょう。
取付金具やターミナル部の緩みに関しても確認をしておく必要があり、金具などが緩んでいても蓄電池のトラブルの原因になるので注意しなければいけません。

自動車をメンテナンスこだわりのポイント


自動車をいじることが好きな人では、本当に大切に乗り、かわいがることでしょう。自分の愛車を長持ちさせるには、メンテナンスが重要になります。
よくガソリンスタンドに行くと無料点検をしてくれるところがあります。どういったところを見てくれるのでしょうか。それが自分でできればなおよいでしょう。
まず、エンジンオイルの汚れです。通常、エンジンオイルは5000km走ったところか、半年経ったところで交換するようにします。エンジンオイルが汚れていると、燃費が悪くなったり、車の調子が悪くなったりするのです。ですから、非常に大事なメンテナンスです。
次にタイヤの溝や空気圧のチェックです。タイヤが擦り減ってくるとスリップサインというものが出てくるようになっています。つるつるにすり減ったタイヤは危険です。安全に運転するためにも、タイヤの溝がしっかりあるものに交換しましょう。空気圧はその車によって適する圧が違いますので、それに合わせて調整します。
そして、ワイパーやウォッシャー液の補充などのエンジンルームの点検などがあります。
また、見た目のメンテも大切です。ボディやホイールをきれいにすること、特にワックスがけなどをして、雨や風などの自然災害から守るようにしましょう。

ワックス・コーティングがけのポイント


クルマのボディは紫外線や汚れ、雨風にいつもさらされています。ボディの塗装が劣化したり、サビが発生したりさせないためにも、ワックスやコーティング剤でボディを保護することが非常に大切です。また、ボディを保護するだけでなく、美しく輝かせるためにも、これらの作業は重要です。

美しく仕上げるコツは、下地処理をしっかり行うことです。ボディが汚れている状態で行っても、保護剤がしっかりつきません。また汚れの上からコーティングしてしまうと、汚れをいつでもそのまま閉じ込めてしまうのと同じです。そこで、まず汚れをしっかりシャンプーして落とすことから始めます。

しかし、シャンプーをしても手で触ってみるとざらざらしていることに気が付くことでしょう。このざらざらしたものや、古い保護剤を取り除くために、コンパウンドで磨きます。やさしくそっと磨くのが大切で、あまり強く磨くと塗装面まで傷めてしまうので注意しましょう。コンパウンドで磨くと、サビやタールもしっかり落とすことができます。

下地処理がしっかりできれば、80%完成したも同じです。その上に塗る保護剤もしっかりボディにつき、美しい輝きを見せるようになります。少し時間をおいてから二度重ね塗りすると、さらにきれいになります。

水アカの取り方のポイント


自動車の塗装が施されている部分として、ボディやバンパーなどといった場所には水アカというものが発生してしまうことがあります。水アカはボディが雨水などによって濡れた状態で自然乾燥してしまうことによって発生してしまうケースや、洗車を行う場合でも、しっかりと水滴などを拭き取らない場合でも発生してしまうことがあります。非常に頑固な汚れとして残ってしまうことになり、通常の洗車の方法では水アカを除去することが困難な場合も多く見られます。効果的な水アカ取りの方法の中には中性洗剤などを活用する方法も用意されていますが、カー用品として販売されている水アカ用のカーシャンプーなどを使用することも効果があります。酷い状態の場合では、コンパウンドを使用する方法も用意されています。コンパウンドには複数の種類が販売されているものを目にすることができますが、一般的な水アカの場合では、液体状のコンパウンドを利用することが適切になります。ただし、コンパウンドを何度も使用してしまった場合では、塗装面を薄くしてしまうケースもあり、表面のクリア層などが無くなってしまうこともあるために、水アカを除去することができた場合では、定期的にコーティングを利用するなどの対策を行うことが良い方法です。

鉄粉の取り方のポイント


自動車を走行させている場合では、自然とボディに鉄粉と呼ばれるものが付着してしまうことがあります。鉄粉は空気中に含まれている鉄の粉などや、ブレーキダストによって付着してしまうことが多い傾向にあり、ボディの全体に発生することがありますが、左右のボディの下側などに多く発生するものとしても認識されています。洗車などを行って、ボディを綺麗な状態に仕上げた場合でも鉄粉は綺麗に除去することができません。そのままの状態で放置をしてしまうことによって、ボディに錆が発生してしまう場合があるために、早期に取り除くことが良い方法になります。鉄粉取りとして効果的に利用することのできるものでは、カー用品店などで販売されているスプレー式のケア用品があります。このタイプでは対象となるボディの部分に吹き掛けて一定時間を放置することによって、鉄粉を浮き上がらせることができ、綺麗に水洗いを行うことができますが、頑固な鉄粉の場合では対応することが困難な事例もあります。この場合では粘土タイプの鉄粉対策用品を利用することによって、比較的簡単に取り除くことが可能になります。全ての鉄粉を除去することに成功した場合では、コーティング剤やワックスなどを活用して、ボディをケアすることもおすすめです。

ボディのシャンプーのポイント


車は現代社会において日常生活に欠かせない物であり、ボディの状態を常に輝かせておく為には洗車を行っていくことが必要です。
車体の洗車を行なう上で使用する物は、カーシャンプーや洗車スポンジや水滴拭き取りクロスです。
泡によって汚れを浮き上がらせる必要があるので、泡をたくさん作っておくと洗車作業が楽になります。
カーシャンプーで大量の泡を作るには勢い良く注いで水を入れることが大切です。
洗い始めはタイヤから洗っていき、タイヤを洗った後にボディを洗っていく事になります。
なぜなら、タイヤ周りが最も汚れており、ボディから洗ってタイヤ周りを洗うと洗ったボディに泥が跳ね返ってしまうことがあるからです。
タイヤ周りから綺麗に洗浄を行なうと、最も汚れている箇所を洗ってしまうことで後の洗浄作業が楽になります。
ボディを擦らないように水洗いを行い、作っておいた泡を使って軽く撫でるように洗車スポンジで洗っていきます。
洗い終わったら、水で泡を洗い流して水滴拭き取りクロスを使って仕上げていきます。
水滴は残らないように完全に拭きとってしまうことが大切であり、水滴が残っていると輪ジミが出来る原因となります。
車のボディを洗浄すれば、気持ち良くカーライフを過ごすことが出来ます。