リヤタイヤハウスからの走行音が気になる


ステーションワゴンはキャビンと荷室部分が一つの空間からできているために、静粛性において不利になることが多いです。特に、リヤタイヤハウス周辺からの走行音が目立つことがセダンなどに比べると多くなります。もちろん、現代のクルマは静粛性を高めるために、効果的な防音対策が施されているので、ステーションワゴンだからといって、極端にうるさくなるということはありませんが、ロードノイズなどがどうしても気になるようであれば、静粛性の高いタイヤに変えてみるのも手です。

タイヤは形は同じように見えても、ゴムの材質が違っていたり、トレッドパターンが違っていたりして、それによって性能も違ってきます。グリップ力の高さに力点をおいて作られたタイヤもあれば、燃費性能に力点をおいて作られたタイヤもあります。そして、静粛性能に力点をおいて作られたタイヤも各メーカーから販売されています。静粛性の高いタイヤに履き替えてみると、ロードノイズを抑えることができ、高級感が増します。また、タイヤは古くなってくると、ゴムが劣化して固くなり、ロードノイズが大きくなってくることが多いので、気になるようでしたら早目に取り替えることをおすすめします。

値段がセダンと比べて高価


ステーションワゴンは、値段がセダンと比べると高いですがそれ以外にもデメリットはあります。
まず走行の安定性や静音性などが劣っていて、車体のデザインなども人の好みによってわかれます。
例えば、Lサイズのミニバンと比べたときにも積載性では劣っています。

また、セダンと違ってトランクルームがないところもデメリットかもしれません。
同じ室内にあるので冷暖房などの空調が悪くなりますし、荷物などに強い臭いなどがある場合は車内に広がる恐れもあります。
車重が増えると僅かに燃費が悪くなりますし、最初から荷物を積むことが考えられた車なので、サスペンションも固く、ボディも2ボックスなので剛性が落ちます。
更に足回り設定なども含めると、若干ハンドリング性能が落ちるかもしれません。

音に関してもリアタイヤからの音が響くので、気になる人は落ち着かつかないです。
ワンボックスと同じようにリアが立っているので巻き上げの泥をかぶり易く、リアガラスが直ぐに汚れるのでワイパーで綺麗にしておかないと後ろが見えなくなる危険性があります。
ただ、走行性能などが著しく下がるわけではないので、荷物重視な人や音が多少響いても良い方などは検討してみてもよいでしょう。

重量による運動性がわすかに劣る


ステーションワゴンは荷物が乗せやすい、室内も広く使えるなどメリットの多い車です。そのため、家族を中心にセダンからの乗り換えも多く人気が高くなっています。SUVと人気を分けるという意見もありましたが、セダンからの乗り換えしやすいと考える方も多く、ステーションワゴンの方が売上はよいようです。しかし、ステーションワゴンについてはいくつか残念に考えている方も少なくありません。その1つは運動性能がセダンよりも劣るということです。車の設計上、重量配分がとても大事になるのですが、FF、FR双方のどちらでもステーションワゴンは配分がよくないことが多いです。その上、荷物を載せるわけなのでどうしても配分的にはセダンに劣ると言われています。しかし、多少、重量配分が悪いとはいえ、電子制御などで運転をサポートしますので一般的にはそれほど良くないと考える方も多いようです。SUVと比較した場合には車高の低さなどで運転のしやすさは良いです。目線を高くとれたほうが良いとい方も多いですが、好みの違いでもあります。ステーションワゴンは重量バランスは若干劣りますが、荷物を積める、室内が広いという利点は欠点を消し去り、使いやすい車として人気が続くと考えられます

ステーションワゴンのデメリットを感じる部分


デメリットはトランクルームが無い事です。ステーションワゴンは運転席からラゲッジルームまで同じ空間に存在していますので、荷物が見える状態になってしまいます。その為、プライバシー性の面で劣ってしまう事があります。ただし、トノカバーを装着する事が可能な車種もありますので、目隠しを行う事は可能です。
空間が一体化している事によって、エアコンの効きが悪くなるのもマイナス点です。ラゲッジルームまで冷やしたり、暖める事になりますので、エアコンの効きが悪く感じる可能性があります。
また、エアコンの効果がラゲッジルームまで行ってしまうのも、何らかの支障になるかもしれません。トランクルームが独立していれば、例えば生ものなどの温めたくない物を温めずに運ぶ事ができます。ステーションワゴンですとラゲッジまで温風が行ってしまいますので、生ものを載せる時には注意しなければいけません。
絶対的なスペースが広くないのもマイナス点です。ステーションワゴンは高さがありませんので、背の高い荷物を載せる際に横にして載せる必要があります。背の高いミニバンのように立てた状態で載せる事ができませんので、用途によっては不便を感じるかもしれません。

抜群の使い勝手が魅力


ステーションワゴンを選ぶ方が増えています。ステーションワゴンの魅力は満足度が高い使い勝手の良さです。ステーションワゴンはワゴン車の良い所と普通車の使いやすさを兼ね備えた車両です。運転しやすいのに中が広い。また、シートを倒せば長いものも載せられます。ステーションワゴンの運転ノシ安さは車高の高さというよりも、専用に考えられたハンドリングの軽さだと言われています。どうしても車体が長く、重くなることが多いため、これまでは運転がしづらいと言われてきました。しかし、普通車のハンドリングをさらに改良してワゴン車とも違う、運転しやすい車に設定されています。そして、重い車重が気にならないようにエンジン出力も専用に変更してきています。以前は普通車とほぼ同じ設定で運転しづらいか、ワゴン車の設定となっていて、高速道路などで運転しづらいなど長所と短所が極端に出ている車が多かったようです。現在のステーションワゴンは荷物が詰めて、大人数で遊びに行くのにも使えますし、普段の買い物で1人で運転する場合でも運転がし易いように設定されており、普段の足から特別な日にも使える万能な車になっています。また、値段についても普通車と変わらずに設定されているので買いやすい点も好評です

優れた乗り心地が魅力


重心が低く安定した車両は、揺れやアンバランスさが少ないので、安心して乗る事が出来る心地良さを実現します。
見た目の洗練された質と共に、荷物を積み込む空間の余裕を備えますし、実用性が高く乗り心地に優れますから、家族やカップル同士で便利に活用出来ます。
車体が低ければ、沢山荷物を積み込んだとしても、低い位置で収納が行えますし、車の運転や揺れに対する影響を少なくします。
大きく積み込めるトランクは、使い勝手と利用目的の幅広さに貢献するので、遠くにドライブを行ったり、長い予定を組んで外出する場合に役立ちます。
バランスが良いタイプの車なので、駐車や走行場所に悩む必要がなく、人と荷物の移動に便利ですから、多目的に応える魅力や価値を持つ車両です。
同乗者に配慮された製品は、サスペンションや車体の剛性に気を配り、衝撃吸収と揺れを抑える工夫が行われます。
その結果、不安定な路面を安心して乗りこなせますから、運転手のドライビングテクニックを支えたり、補う効果を発揮する事が出来ます。
安心して乗れる製品は、外出や活用の意欲を削ぐ事はありませんし、長く活用する切っ掛けになるので、愛着が湧き長期的に愛用出来る愛車になります。

リアシートの使い方で長尺のものも積載可能


ステーションワゴンといえば、その使い勝手の良さから日本国内はもとより世界中でも高い評価を得ています。その人気の一つが高い積載能力を持っていることです。セダンタイプの車両のようにトランクルームと乗車席が分かれていないため、リアシートを倒すことで高い積載能力を発揮します。また、助手席なども倒せば更に長いものを積み込むことができるので、スノーボードやサーフィンなどのアウトドアスポーツを楽しむ方からも絶大な支持を得ています。アウトドアスポーツ以外でも、特殊で大柄な工具を必要とする建築現場などでも重宝されますし、その他様々なビジネスシーンにおいても活躍している車両です。また、トランクルームと乗車席が分かれていないことによる利点は大型の荷物が積載できることだけではありません。トランクと乗車席が一体になっているので車を降りることなく、荷物の取り出しが可能なのも大きな特徴の一つです。特に高速道路など、急には停車できない環境で荷物が取り出したくなったときなどは大変便利です。車両を停車させることなく、同乗者の方に荷物を取ってもらうことができます。このようにステーションワゴンは非常に使い勝手の良い車種なのです。

積載性能の高さが魅力


様々なボディースタイルの選択が可能な乗用自動車の中で、セダンタイプの走行性能とワゴンタイプの荷室の広さとを兼ね備えたステーションワゴンは、荷物が多くなりがちな長距離の旅行やレジャーの際、非常に使い勝手の良い移動手段となります。
セダンタイプのボディータイプの場合、荷物の収納が可能なスペースとして設けられているトランクルームでは、その容量にも制限が有る上に、開いたトランクドアの下からトランクルームへと落とし込む必要が有り、格納の際は勿論、取り出す時には引き上げなければならず、重量のかさむ荷物であった場合、大きな力を必要とするばかりか無理な体勢になりがちなため、怪我をしてしまう場合もあるのです。
対して、ステーションワゴンは大きな荷物を積載する事を前提に設計されているので、ドアは大きく開き、居住スペースまで利用する事が出来るように考えられた積載スペースは、段差などの障害物を極力排除した設計となっているのです。
更には、荷室と居住スペースとが繋がっている事で、走行中でも荷物を取る事もでき、長距離での移動の際には、大きなメリットを感じられるのです。
沢山の荷物を持ち歩きたいと、また、大きな荷物を持ち歩く必要が有るのであれば、ステーションワゴンの積載性能はとても有効なものとなるのです。

ステーションワゴンのメリットを感じる部分


ステーションワゴンのメリットを感じる部分は多くあります。ステーションワゴンはセダンと同程度の走行安定性能を持っていながらも、より多くの荷物を積めるのが特徴です。従ってセダンよりも実用性が高いことが人気の秘密です。2列目シートを倒してフラットにすれば、より多くの荷物を積むことができます。用途に合わせて自在にシートアレンジできる便利さが魅力でもあります。ステーションワゴンは乗り降りもしやすく、荷物も多く積めるので商業車としても活躍しています。また長距離運転でも疲れにくいことは、ステーションワゴンが商業車としても向いているポイントです。行楽シーズンになると家族旅行を楽しむ人々が増加します。多人数でのドライブは広さと快適性が重要です。アウトドアなどに行けば、人数分の荷物やアウトドアグッズを積み込んでも広い空間が確保できなければいけません。ステーションワゴンはそのようなシーンにおいても活躍が期待できます。スレーションワゴンの走行性能はセダンに匹敵し、ミニバンよりも流麗なフォルムを実現しています。ステーションワゴンは走行安定性・積載能力・実用性・スタイリッシュなフォルム、などを兼ね備えているのが最大の魅力です。

すぐれた収容能力の荷室があるステーションワゴン


海-クジラステーションワゴンの大きな魅力と言えば収容能力の高さです。
ボディが長めの作りになっていますので、その分沢山の荷物を載せる事が可能です。また、ラゲッジスペースが同一空間にあるのも収容能力が大きい理由と言えます。セダンの場合ですとトランクルームが独立したスペースになっていますので、荷物を積めるスペースが狭くなってしまいます。ワゴンなら運転席からラゲッジスペースまで一体の空間になっていますので、絶対的なスペースが広くなっているのです。
通常の状態でも沢山の荷物を載せる事が可能ですが、後部席をアレンジする事によってさらに多くの荷物を積む事も可能です。アレンジをする事で長い荷物も載せられるようになりますので、例えばスキー板や釣り竿などを余裕を持って載せる事ができます。車種によってはある程度の高さもありますので、長さがあり、背が高めの荷物も載せる事が可能です。
大容量を活かして沢山の荷物を載せるのも良いのですが、荷物を載せる以外にも車中泊を楽しむ為にも役立つと言えます。後部席を倒せば人が横になれる位のスペースができますので、アウトドアを楽しむ際にも役立つボディタイプなのです。
非常に使い勝手の良いボディタイプですので、幅広い用途に活用できます。