雨のしずくが車内に入らないようにしよう


雨が降っている時の運転には、注意しなければならないことがいくつかあります。その中の一つとして、雨のしずくが車内に入らないようにする必要があるということです。完全に防ぐことは難しくても、なるべく入らないように心掛けることが大切です。その理由としては、シートなどが雨で濡れてしまうと、雨水を吸い込んでしまうことがあり、なかなか乾かすことが出来ないということがあります。さらに、アクセルやブレーキペダルを濡れた靴で踏むと靴が滑る事があり、思わぬ事故に繋がる可能性もあります。
また、雨の時だけではなく雪の時も気を付けなければなりません。雪が靴底についたまま車内に乗り込むと、雪が溶け、水となり、靴が滑る原因となり危険です。
さらに、車を運転するときには、かかとの高いハイヒールなどは上手く運転することが出来ない可能性がありますので、靴底が滑りにくい素材で出来ている靴を用意するようにしましょう。
靴が雨に濡れてしまったような場合には、靴底やマットの水分を雑巾などを使って拭き取るようにしましょう。また、傘からの水滴についても傘カバーなどを使用することにより、車内に雨水が入ることを防ぐことが出来ます。少しの対策で予防することが出来るので、おすすめです。

雨の日の運転!ブレーキングは早めにが基本


雨の日の運転というのは非常に気を使うものですが、特に気をつける必要があるのはブレーキングです。
路面が濡れていると普段よりも止まりにくくなってしまいますし、急ブレーキをすればスリップの原因となってしまう可能性もあります。

そのため、雨の日には早めのブレーキングをするように心がけましょう。
早めにブレーキをかける理由としては路面が濡れていて止まりづらいということがあるため、余裕を持って止まるという理由もありますが直前になって慌ててブレーキを掛けてスリップを防ぐという理由もあります。
雨の日にブレーキが遅れて慌ててブレーキを掛ければ、グリップが低下している路面では簡単にスリップをしてしまうことがあるので、あらかじめ早めにかけておくことが重要となります。

しかし、さらに大事なこととしては雨の日というのは視界も悪いものとなっていますから、突如として何かが横切って急ブレーキをしなければならない状況になることもありますから、そのような状態になっても安全に止まることができる速度で走行することも重要です。
車の運転というのは常に注意を払ってすることが重要となりますが、それが雨の日ともなれば普段以上に気をつける必要があるのです。

雨の日の運転!急操作は厳禁!


車の運転は基本的に急操作は厳禁となっていますが、特に雨の日ともなれば普段以上にリスクが高まるのでよりこのような動作には気をつけることが重要となります。
まず、急ブレーキですが雨の日の濡れている路面で急ブレーキを踏んでしまうと普段以上に止まる距離が長くなってしまう上、スリップをしやすいためスリップしてしまうと車の制御をすることができなくなってしまうことがあります。

急ハンドルも同様に乾燥路面であればハンドルを切った後に、車を立て直すことができる場合であっても雨の日にはスリップして制御が不能になったりスピンをしてしまうことがあります。
急操作は晴れている日であっても危険なものですが、それが雨の日ともなれば普段以上に危険なものになるということを認識しておく必要があるのです。

そのため、まず基本として急のつく操作をしなくて済むように十分スピードを落として走行をすることが大切であり、不測の事態が起こって急操作をしなければならなくなってしまった場合にも、雨の日でもしっかりと停止することができる、車の制御が効かなくならない範囲でのスピードで走ることを意識しましょう。
雨の日というのは、注意をしすぎてし過ぎることはないのです。

こんなに危険!雨の日の道


雨の日の運転には様々な危険が孕んでいます。特に路面状況への注意が必要になるので、安全に走行するための方法を知っておきましょう。
まず、雨で路面に水が溜まると、タイヤとの摩擦が少なくなります。そのため路面が乾いている時よりもブレーキの制動距離が長くなり、停車するまで時間がかかってしまいます。普段の感覚でブレーキを踏んでいると、前方車両への追突のリスクなどが出てくるので早めのブレーキ、スピードの抑制を心がけた運転が要求されます。
また雨の日に怖いのがスリップです。特に高速道路での走行は、スピードも出ているので気を付けなければなりません。路面に水がたまった中、速度を出して走行すると、タイヤと路面の間に水が入り込み、タイヤが路面に設置していない状況が起こってしまいます。そうなると当然操作は利かなくなり、簡単にスリップしてしまうので重大な事故につながりかねません。これを防止するには、単に速度を落とすだけで済みます。多少の時間のロスよりも、安全を優先させましょう。
他にも雨の日には、急カーブでのスリップも多くなります。山道などは急カーブも多く、すぐ隣が崖になっているようなところも少なくありません。思わぬ事故を起こさないよう、あらかじめ速度を落としてからカーブに入り、カーブ中はアクセルを踏み込まないよう気を付けなければなりません。
雨の日は不測の事態にも対応できるよう、自信で制御できるスピードを維持し、いつも以上に慎重な運転をしていきましょう。

要注意!ウインドウ用ケミカル剤はウインドウを拭くとき


運転をしているときにウインドウがくもってしまったり雨水などが広がったりすると運転の邪魔になってしまう場合がありますが、ウインドウ用ケミカル剤を使ってウインドウを拭くことで雨水などを玉状の水滴にすることができますし、水滴になってはじかれたり風などで吹き飛ばされることによって邪魔にならずに運転しやすくすることができます。しかし、ウインドウ用ケミカル剤を使っている時にワックスや洗剤などが付いている雑巾などを使ってウインドウを拭いてしまうとムラができてしまう場合があります。そして、ウインドウ用ケミカル剤を使っていても一度ムラができてしまうと、ケミカル剤の効果が少なくなってしまって雨水などが玉状の水滴になりにくくなってしまいますし、水滴にならないと風などで吹き飛ばされにくくなってしまうので運転の邪魔になってしまう可能性があります。そのため、ウインドウ用ケミカル剤を使っている時にウインドウを拭く場合には洗剤やワックスなどが付いている雑巾などを使わないように注意する必要がありますし、ガソリンスタンドなどでウインドウを拭くサービスを受ける際も一度スタッフに相談することや場合によってはサービスを断ることなども必要です。

豆知識!ウインドウのくもりにはエアコンが効果てきめん!


車で運転していると、よく冬はウインドウがくもってしまいます。これは走行中大変危険なので、素早く改善する必要があります。実はこれ、エアコンで簡単に取り除けるのです。
ここではくもりが起こる仕組みと、効果的な改善方法をご紹介します。

なぜくもりが起こるのか。それは、車内の室温と外気温の寒暖差によるものです。順を追って説明していきます。
空気は、急激に冷やされると気体から液体へ一気に変化します。夏場、冷たい飲み物が入ったコップの表面に水滴がたくさんついてしまうのは、暑い空気が冷たいコップに触れて急激に冷やされて液体、つまり水滴となってしまうためです。
車にも同じ現象が起きています。冬場、車内の暖かい空気が冷たいフロントガラス(冷たい外気によって冷やされたため)によって急激に冷やされ液体となり、くもりという現象が起きてしまうわけです。

したがって、くもりを改善するためには車内の空気と外気の寒暖差を縮めてあげれば良いのです。
エアコンを低い温度設定にして、風向をフロントガラスにあててください。すぐに寒暖差がなくなってくもりがなくなります。窓を開けて車内の暖かい空気を追い出すこともいいのですが、この方法はとても寒いです。エアコン操作なら改善に10秒もかかりませんので是非一度試してみてください。テクノロジー09

雨に備えて!ワイパーのゴムは定期的に取り替えよう


雨の日の運転は、視界が悪くなり、またブレーキの利きも悪くなるので、普段以上の注意が必要です。
ですが、そんなこと言われなくても十分気を付けている、という方でも、見落としがちなものがあります。それは、ワイパーのメンテナンスです。ワイパーの状態が悪いと、ただでさえ悪くなる雨の日の視界がより悪くなり、非常に危険な状態になります。
ワイパーが窓ガラスに接触する部分はゴムでできています。そのお蔭で、窓ガラスを傷つけることなく水滴を綺麗に流し取ることができるわけですが、そんなゴムにも弱点があります。それは、熱によって劣化していってしまうことです。例えばフロントガラスなどは太陽光によってかなり温度が上がる部分ですので、その影響を受けて劣化するのは仕方ないことと言えます。
とは言っても拭けるから、といって交換を先延ばしにする方もいますが、ガラスに水の線ができるような状態になったらかなり劣化が進んでいる状態ですので、早めに替えないと雨の日に危険な状態となってしまいます。
交換が面倒、と言う方もいます。けれど、ブレードごと替えるのであれば、大抵の車で簡単に取り外しができますので、自分でも簡単に交換ができます。自身の安全のためにも、早めの交換をお勧めします。テクノロジー07

雨に備えて!ウインドウのくもり取りと清掃の徹底


運転中、雨が降ったりしていると、ウインドウが内側から曇ってしまう場合があります。それは、外と内側の境目にある窓は冷えているため、ガラスの部分が冷えて、そこに空気中の湿気が付いてそこにくもりができてしまいます。
特に雨が降っていたりすると、もともと湿度が高い状態で、傘や靴、服など、雨で濡れたところから水分が蒸発することでさらに、くもりを作る原因となってしまいます。
ウインドウのくもり取りには、フロントガラスの下にある吹き出し口のデフロスターから出る風をウインドウに当てることで、くもり取りをすることができます。
また、空気の入れ方を内気循環になっているときには、外気循環に切り替えるという方法も有効です。窓を開けて換気することで車内の温度を下げるという方法もありますが、雨の日の場合には、外の湿度も高いため、温度が上がるとまた曇るため、もっとも効率的な方法として、エアコンで除湿するという方法があります。
A/CのスイッチをONにすると、エアコンで除湿をすることができます。冷房だけではなく、暖房でも除湿することはできます。
ウインドウの内側を掃除することも有効です。ホコリや汚れがあると曇りやすくなってしまうので、普段から清潔に保つことが大切です。薄めた中性洗剤を雑巾にしみこませて拭くと曇りにくくなります。テクノロジー08

要注意!雨の日の視界不良


雨の日の運転には気を付けなければいけません。と言うのも晴れの日に比べて視界不良になるからです。
雨の日にはワイパーをかけてしずくを取り除きますがワイパーは窓全体のしずくをとり除くことができません。ワイパーの軌道に入らない部分はしずくがそのままになりますので見えないのと同じになってしまいます。サイドミラーなども同じように雨でぬれて見えにくくなるので気を付けなければいけません。
これが原因で人が飛び出しているのが見えずに事故を起こしてしまうこともあるのです。
他にもガラスにくもりが発生して視界不良を引き起こすというのあります。
雨の日は室内と外との気温の差が発生しやすくフロントガラスが曇ってしまいます。
これは室内の温度を下げる事で解決しますが冬場はそうもいきません。暖房でどうしても曇ってしまうのです。ですので普段よりも速度を落としてもしかすると誰が飛び出してくるかもしれないと思いながら運転することをおすすめします。
そうすればもし予想外のことが起こったとしても避けられます。
雨の日はそれ以外にも滑りやすいので危険がいっぱいです。
晴れの日にしか運転をしたことのない方はこの点について注意して運転してください。テクノロジー06

雨の日の走り方とは


雨の日には、靴に水分が付いていると、靴底がゴムや皮製のものの場合には、ペダルを踏んだときに滑ってしまうことがあるので、運転する前から水分には十分注意する必要があります。
ドライブをしているときに雨が降っていると、汚れている場合、雨のしずくが汚れに付きやすく、汚れが油膜の場合、外からの光が乱反射するため、視界が悪くなってしまい、ワイパーでは対処できないので、普段からこまめに油膜を落とすことが大切です。市販のくもりとりや油膜取りなどを使うのも効果的です。
ワイパーのゴムの劣化にも気をつけなければいけません。劣化して、硬化したり、ヒビが入っているような場合には、本来の機能を発揮できなくなってしまうため、こまめに取り替えることも大切です。
ドライブ中は、急ハンドル、急ブレーキなどはとにかく避ける必要があります。水溜りなどでは、急な操作をした場合にはハンドルがとられてしまうことがあります。雨が強い場合には、特に雨の日は、水がたまっている路面を高速で走るとハンドルが利かなくなるハイドロプレーニング現象が発生して、急な操作をするととても危険なので、他の車が周りにいないときに軽くブレーキを踏んだり、ハンドルを軽く回したりして確認することも必要です。
降り始めには、路面にホコリが浮くことで、路面から離れることでスリップの原因になりやすくなります。また、センターライン、横断歩道などのペイントも滑りやすくなるため、横断歩道などで急ブレーキにならないようにすることや、車間距離を十分にとることも大切です。テクノロジー05