エアーサスペンションの働き


サスペンションとは車のボディとタイヤの間に取り付けられる装置の事で、走行の際に伝わる路面からの衝撃を緩和する役割を持っています。
これがある事で快適な乗り心地を保つだけでなく、走行性能や車高などにも影響を与えるので車にとって非常に重要なものです。
サスペンションを構成するのはサスペンションアームとスプリング、ショックアブソーバーの3つのパーツになります。
その3つの内の1つショックアブソーバーはスプリングに大きく関わる働きをしています。
スプリングは伸び縮みをする事で衝撃を吸収しているのですが、その衝撃がある程度の力になるとその伸び縮みを繰り返してしまうという特性があります。
この揺り返しがあると乗り心地などに大きく影響するので、この揺り返しを抑えるのがショックアブソーバーなのです。
このショックアブソーバー部分に空気を利用するのがエアーサスペンションになります。
空気を使う事によるメリットは乗り心地が他の物と比べて非常に良いという事と、乗車している人数など重さに関わらず一定の車高を確保するという事があります。
メリットも多いのですが、どうしても高価になってしまうので高級車や大型トラックなどで採用されています。

ショックアブソーバーの働き


車には路面からの衝撃を緩和させるために、サスペンションという機能が取り付けられています。
サスペンションが役割を果たすことによって、乗り心地を良くすることや車高を決めることができます。
サスペンションの基本的な機構の1つとして、サスペンションアームやスプリングと共に取り付けられているものに、ショックアブソーバーがあります。
これは当初はスプリングの働きを補佐するもので、安定性と乗り心地のバランスを取ることが役割だったと言えます。
現在ではドライビングインフォメーションの向上や、ハンドリング性能によって様々な特性があるものと考えられています。
スプリングの役割として衝撃を緩和させることが挙げられますが、それだけでは乗り心地の良さを作ることはできませんので、スプリングによって路面からの衝撃を受けた後に、振動の状態が長く続かないように止める役割を果たしているものとなります。
この振動を抑制させる力のことを減衰力と言い、減衰力が大きいものが硬いもの、小さいものが柔らかいものという表現の仕方をします。
振動減衰機能は乗り心地を良くすることの他に、車の姿勢の変化についても機能します。
コーナリングの際の姿勢の変化や、車の多くの動きに対して影響を与えてコントロールを行うものと言えます。

コイルスプリングの働き


自動車の走る、止まる、曲がるなどの基本的な性能を向上させる役割をはたしているものがサスペンションとなります。
サスペンションによって車高を下げることも可能ですので、見た目としてのドレスアップ効果を得ることもできます。
サスペンションは自動車のタイヤとボディをつなげるものとして取りつけられており、路面から受ける衝撃をコイルスプリングの力によって緩和させる装置となります。
サスペンションはスプリングとショックアブソーバー、サスペンションアームから構成されており、スプリングが吸収した衝撃をショックアブソーバーが解放することで振動を抑える働きをしています。
スプリングを替えることによって、車高を自分の好みのものに変えることが可能です。
スプリングはサスペンションを構成している部品の一種で、渦巻き状の形をしているバネのことを指します。
このスプリングが伸びたり縮んだりすることによって、路面からの衝撃を吸収することができます。
スプリングの硬さも自動車に対して大きな影響を与えており、硬くすることによってコーナーリングにおける安定性を得ることができます。
その一方で、硬くしすぎることで、乗り心地が悪くなることもあります。

リーフスプリングの働き


サスペンションとは車体と車輪をつないでいるもので、路面からの衝撃を緩和させて車体の保護や乗り心地の向上をさせる効果が得られるものとなります。
エンジンが搭載されるようになるより以前から、馬車の時代にはすでにサスペンションは考案されており、以後発展をしてきています。
初期のサスペンションは車軸懸架式で、構造としてはシンプルな設計になっています。
車軸懸架式のものが登場してから、独立懸架式のものへと発展していった形になります。
リーフスプリングとは、長さが異なっている細長い板状のものを重ね合わせたタイプのサスペンションで、板がたわむ作用を利用して路面からの衝撃を吸収することができます。
丈夫な上に部品の点数が少ないですので、板の枚数を変えることでバネレートを自由に調整が可能な点がメリットと言えます。
デメリットとしては乗り心地が悪い点を挙げることができて、重量の大きい物を積載するトラックやSUVに採用されているサスペンションのタイプとなります。
車軸の位置キメを行う方式のために構造は単純なものとなっており、スペースとしても小さくて済むので貨物車両のリアとして採用されることが多いサスペンションです。
コストがかかりにくい点も、大きなメリットと言えます。

車におけるサスペンションの重要性と種類について


バイクに限らず、自動車やほかの乗り物にも取り付けられるようになったのは、路面のショックを吸収して乗り心地を良くするためでした。自動車がとても強い衝撃を受けてしまうと、運転手にも悪影響を及ぼしますし、さらに、車体の寿命も縮んでしまう可能性も高いです。路面のショックを吸収するだけではありません。自動車のスピード、コーナリング、そしてブレーキに影響がでます。この中でも一番影響があるのが、コーナリングです。コーナリングがよくなることによって、自動車のタイヤの負担を和らげたりすることが可能です。サスペンション形式があり、いくつかの種類があります。主な種類の一つはストラット式です。これは別の名でマクファーソンストラットという名称でもあり、実用車をベースとしたクルマのフロントで採用される形式で、世界の自動車で最も使われているものです。それに、初心者にも簡単に扱うことができるのが利点です。二つ目はダブルウィッシュボーン式です。主にミドルクラス以上のセダンやミニバンで採用されています。乗り心地を維持しながらもスポーツ性を高めることが可能です。そして最後はマルチリンク式です。マルチリンク式は走行性を重視しています。プレゼント03

LEDバルブの働き


LEDといえば低消費電力、超寿命、高輝度といった利点から現在私たちの日常生活を取り巻くあらゆるものに採用されています。住宅照明などで使用されていますし、公共施設でも多く採用されています。それは自動車装備においても同様です。特に自動車はバッテリーを積んでおり、そこから電力を得ていますがバッテリーが上がってしまうと、自動車が動かせなくなってしまいます。そんな中、バッテリーに大きな負担を欠けることなく点灯させることのできるLEDバルブはとても重宝されています。また、消費電力以外でもメリットがあります。LEDは高輝度のため、日中でも非常に視認性が高く、テールランプやウィンカーなどに使用することで自車の存在をしっかりとアピールすることが可能なのです。LEDの信号機などを思い出してみれば分かり易いかと思いますが、昼間の明るい時でも視認性が高いため、ウィンカーやテールランプといった保安部品にも採用されているのです。さらに長寿命なのも大きな特徴です。女性や初心者の方など自動車に詳しくない方であれば電球の交換も難しい作業です。長寿命ということにより、こういった電球交換作業を減らすことができるので非常に利便性の高い部品と言えます。プレゼント02

ハロゲンバルブの働き


ハロゲンバルブはバルブの中に窒素などの不活性ガスと臭素などのハロゲン元素を微量に封入したバルブです。フィラメントは一般的なバルブと同じでタングステンが使われています。一般的な白熱バルブではフィラメントに電流を流すと徐々にタングステンが昇華してガス状になったタングステンがバルブの表面に付着したり、フィラメント自体が昇華する事で損傷しやすくなるために寿命が短くなります。しかし、ハロゲンを封入すると昇華したタングステンとハロゲンが化学的に結合してハロゲン化タングステンとなります。そして、このハロゲン化タングステンがフィラメントに戻り、再度タングステンを形成するというサイクリックな反応を起こします。そのため、ハロゲンを封入したバルブは一般的なバルブに比べて寿命が長くなるのと同時に、フィラメントを高温にする事が可能になります。フィラメントの温度が高くなると、フィラメントから出る光の色は白くなり光量も多くなります。一般のバルブに比べてハロゲンを封入したバルブの色が白く見え、明るいのはこのようなハロゲンとタングステンの化学的な性質が利用されたバルブだからです。また、タングステンがサイクリックに利用されてるのでバルブの表面が黒くなるなどの光量を低下させる原因も無くなります。プレゼント01

HIDバルブの働き


自動車用HIDバルブは、従来のハロゲンバルブとは大きく構造が違います。ハロゲンバルブでは直流12Vでフィラメントを発光させていますが、HIDの場合は直流12Vを電圧変換器内で約2万ボルトへ変換した後、異なる極性電極間スパークをさせることで瞬時に発光・点灯させる事を可能とした、新しいヘッドランプシステムのことです。

放電が開始すると、内部にあるキセノンガスが放電中の電子と衝突して発光が始まします。その後、通常より高い電力を投入しバルブ管内の温度を急上昇させます。温度の上昇によって内部の封入物が放電中の電子と衝突して活性化し発光します。すべての封入物が気化した後は、バルブに一定の電力を供給することで発光管内の温度を一定に保つことにより、安定した発光量をえることができます。バッテリー電圧が9V~16V間であれば、電圧の変化によって明るさが変わることもありません。これもHIDの特徴です。

HIDにするメリットとしては、ハロゲンの約3倍の明るさ、消費電力はハロゲンの半分です。またHIDはフィラメントを使用しない発光システムを採用しているため、寿命が長いのも特徴です。ハロゲンと比較するとその寿命は約5倍という大きな差があります。

車におけるバルブの重要性とバルブの種類について


車においては、バルブはエンジンの部品として使われています。これは、エンジンシリンダーから出入りする気体の通路を開けたり閉めたりする弁としての役割を有しています。自動車用エンジンとして一般的に用いられているレシプロエンジンでは、エンジンシリンダーの内部をピストンが上下することで、動力を得ています。そのためのピストンの行程は4行程に分けられます。即ち、給気、圧縮、燃焼、排気の行程です。
これらの行程の中で、給気行程では、ピストンの動きと連動した適切なタイミングで、エンジンシリンダー内にガソリンと空気の混合気体を吸入し、排気行程ではエンジンシリンダーから燃焼後の排気ガスを排出する必要があります。また、圧縮、燃焼行程では、エンジンシリンダー内部を密閉空間にしなければなりません。
もしもエンジンシリンダーに弁がなければ、エンジンの基本的な動きであるこれらの行程が成り立たなくなります。何故ならば、シリンダー内部を密閉空間にすることができないため、圧縮、燃焼サイクルが成り立ちませんし、弁が適切なタイミングで開かなければ、混合気を吸い込んだり、燃焼ガスを排出することもできないからです。従って、エンジンが作動するために必須の部品であり、車にとって最も重要な部品の一つです。
実際には、給気と排気の通路は別々であり、両者には違う種類の部品が用いられます。給気はエンジンシリンダー内の負圧で吸い込むため、通路を広くとる必要があり、排気側は燃焼ガスの高温に耐える必要があるからです。プレゼント04

車のサスペンションとバルブ、どういう働きをしている?


快適な乗り心地と安定した走行を追求したサスペンション。その役割は車の重さを支え、路面からの抵抗を吸収するところにあります。
その構造は主に3つ。ホイールの動きをコントロールするアーム、路面の衝撃を緩和するためのコイルスプリング、そしてコイルスプリングの揺れを抑えるショックアブソーバーがあります。このショックアブソーバーが無ければ、単に乗り心地が悪くなるだけではなく、衝撃に耐えられず車の破損にも繋がります。
車のショックアブソーバーはシリンダーダンパーという伸縮式のものが使われ、シリンダーはオイルで満たされています。その中にピストンバルブというものが入っており、上下にピストンします。このピストンバルブにはオリフィスという小さな穴があり、そこを液体が通ることより抵抗が生まれる原理です。液体の流動抵抗とよばれ、注射器をイメージするとわかりやすいです。実際にはこの動きだけでは抵抗が弱いので、例えばオリフィスの経口サイズや、シリンダーの構造を変えることにより性能を向上させています。
最先端のテクノロジーでは、バルブを内部的に細かく調整(伸び、縮みを別々に調整)することで、より抵抗のコントロールすることを可能としています。–¼Ì–¢Ý’è-2