雨の日の走り方とは


雨の日には、靴に水分が付いていると、靴底がゴムや皮製のものの場合には、ペダルを踏んだときに滑ってしまうことがあるので、運転する前から水分には十分注意する必要があります。
ドライブをしているときに雨が降っていると、汚れている場合、雨のしずくが汚れに付きやすく、汚れが油膜の場合、外からの光が乱反射するため、視界が悪くなってしまい、ワイパーでは対処できないので、普段からこまめに油膜を落とすことが大切です。市販のくもりとりや油膜取りなどを使うのも効果的です。
ワイパーのゴムの劣化にも気をつけなければいけません。劣化して、硬化したり、ヒビが入っているような場合には、本来の機能を発揮できなくなってしまうため、こまめに取り替えることも大切です。
ドライブ中は、急ハンドル、急ブレーキなどはとにかく避ける必要があります。水溜りなどでは、急な操作をした場合にはハンドルがとられてしまうことがあります。雨が強い場合には、特に雨の日は、水がたまっている路面を高速で走るとハンドルが利かなくなるハイドロプレーニング現象が発生して、急な操作をするととても危険なので、他の車が周りにいないときに軽くブレーキを踏んだり、ハンドルを軽く回したりして確認することも必要です。
降り始めには、路面にホコリが浮くことで、路面から離れることでスリップの原因になりやすくなります。また、センターライン、横断歩道などのペイントも滑りやすくなるため、横断歩道などで急ブレーキにならないようにすることや、車間距離を十分にとることも大切です。テクノロジー05

コメントは受け付けていません。