雨の日の運転!急操作は厳禁!


車の運転は基本的に急操作は厳禁となっていますが、特に雨の日ともなれば普段以上にリスクが高まるのでよりこのような動作には気をつけることが重要となります。
まず、急ブレーキですが雨の日の濡れている路面で急ブレーキを踏んでしまうと普段以上に止まる距離が長くなってしまう上、スリップをしやすいためスリップしてしまうと車の制御をすることができなくなってしまうことがあります。

急ハンドルも同様に乾燥路面であればハンドルを切った後に、車を立て直すことができる場合であっても雨の日にはスリップして制御が不能になったりスピンをしてしまうことがあります。
急操作は晴れている日であっても危険なものですが、それが雨の日ともなれば普段以上に危険なものになるということを認識しておく必要があるのです。

そのため、まず基本として急のつく操作をしなくて済むように十分スピードを落として走行をすることが大切であり、不測の事態が起こって急操作をしなければならなくなってしまった場合にも、雨の日でもしっかりと停止することができる、車の制御が効かなくならない範囲でのスピードで走ることを意識しましょう。
雨の日というのは、注意をしすぎてし過ぎることはないのです。

コメントは受け付けていません。