雨の日の運転!ブレーキングは早めにが基本


雨の日の運転というのは非常に気を使うものですが、特に気をつける必要があるのはブレーキングです。
路面が濡れていると普段よりも止まりにくくなってしまいますし、急ブレーキをすればスリップの原因となってしまう可能性もあります。

そのため、雨の日には早めのブレーキングをするように心がけましょう。
早めにブレーキをかける理由としては路面が濡れていて止まりづらいということがあるため、余裕を持って止まるという理由もありますが直前になって慌ててブレーキを掛けてスリップを防ぐという理由もあります。
雨の日にブレーキが遅れて慌ててブレーキを掛ければ、グリップが低下している路面では簡単にスリップをしてしまうことがあるので、あらかじめ早めにかけておくことが重要となります。

しかし、さらに大事なこととしては雨の日というのは視界も悪いものとなっていますから、突如として何かが横切って急ブレーキをしなければならない状況になることもありますから、そのような状態になっても安全に止まることができる速度で走行することも重要です。
車の運転というのは常に注意を払ってすることが重要となりますが、それが雨の日ともなれば普段以上に気をつける必要があるのです。

コメントは受け付けていません。