雨のしずくが車内に入らないようにしよう


雨が降っている時の運転には、注意しなければならないことがいくつかあります。その中の一つとして、雨のしずくが車内に入らないようにする必要があるということです。完全に防ぐことは難しくても、なるべく入らないように心掛けることが大切です。その理由としては、シートなどが雨で濡れてしまうと、雨水を吸い込んでしまうことがあり、なかなか乾かすことが出来ないということがあります。さらに、アクセルやブレーキペダルを濡れた靴で踏むと靴が滑る事があり、思わぬ事故に繋がる可能性もあります。
また、雨の時だけではなく雪の時も気を付けなければなりません。雪が靴底についたまま車内に乗り込むと、雪が溶け、水となり、靴が滑る原因となり危険です。
さらに、車を運転するときには、かかとの高いハイヒールなどは上手く運転することが出来ない可能性がありますので、靴底が滑りにくい素材で出来ている靴を用意するようにしましょう。
靴が雨に濡れてしまったような場合には、靴底やマットの水分を雑巾などを使って拭き取るようにしましょう。また、傘からの水滴についても傘カバーなどを使用することにより、車内に雨水が入ることを防ぐことが出来ます。少しの対策で予防することが出来るので、おすすめです。

コメントは受け付けていません。