バッテリーがあがってしまった場合


各電気系統の電力は、エンジンが動いている時にはオルタネータが発電する電力によって供給され、不足分はバッテリーによって供給されます。このため、エンジンを切ったままライトを点灯し続けたり、長時間運転しない状態が続いた場合、バッテリーがあがってしまうことがあります。
再充電するか、または交換すれば問題ありませんが、替えを持ってない時に出先でバッテリーが上がってしまうと、立ち往生してしまい業者を呼ぶ羽目になることもあります。
応急処置の方法として、ブースターケーブルを使い他の車から電力を分けてもらう方法があります。ブースターケーブルは赤と黒の2本からなり、共にエンジンを切った状態で、あがった方のプラス極に赤いケーブルの一端を接続した後、救援側のプラス極にもう一端を接続、続いて救援側のマイナス極に黒いケーブルの一端を接続し、最後に黒いケーブルのもう一端を、あがった方のエンジンの金属部分に接続します。バッテリーのマイナス極ではなく金属部分に接続するのは、火花が散って水素ガスに引火するのを防ぐためです。
この状態で救援側のエンジンを始動、回転数をある程度あげた状態で、あがった方のエンジンを始動します。
始動を確認できたら、接続時とは逆の順番でブースターケーブルを取り外します。

コメントは受け付けていません。