バッテリーの点検編


現代社会において仕事やプライベートで活躍してくれる車は定期的な点検によって安全に車に乗ることが出来ます。
バッテリーはエンジンを起動させる際に必要な物であり、その他にもライトなどの照明を点けたり、近年ではカーナビや車の制御にコンピューターが使われているので、コンピューターの電源としてもよく使われています。
その為、蓄電池の検査は定期的に行なっておく必要があり、蓄電池が正常に充放電が行われるか確認をしておかなければいけません。
蓄電池はガソリンと同様に現代の車にとっては命と言える物になっています。
蓄電池の状態を確認することはユーザーでも出来ます。
蓄電池の液量がUPPER LEVELとLOWER LEVELの間の半分以下になっている場合には、UPPER LEVELまで精製水を補充しておきます。
また、蓄電池がひび割れていたりしていないか目視で確認することが必要です。
なぜなら、液漏れがしているとショートなどの原因になるからであり、蓄電池に異常が見られれば、蓄電池を交換しておきましょう。
取付金具やターミナル部の緩みに関しても確認をしておく必要があり、金具などが緩んでいても蓄電池のトラブルの原因になるので注意しなければいけません。

コメントは受け付けていません。