コイルスプリングの働き


自動車の走る、止まる、曲がるなどの基本的な性能を向上させる役割をはたしているものがサスペンションとなります。
サスペンションによって車高を下げることも可能ですので、見た目としてのドレスアップ効果を得ることもできます。
サスペンションは自動車のタイヤとボディをつなげるものとして取りつけられており、路面から受ける衝撃をコイルスプリングの力によって緩和させる装置となります。
サスペンションはスプリングとショックアブソーバー、サスペンションアームから構成されており、スプリングが吸収した衝撃をショックアブソーバーが解放することで振動を抑える働きをしています。
スプリングを替えることによって、車高を自分の好みのものに変えることが可能です。
スプリングはサスペンションを構成している部品の一種で、渦巻き状の形をしているバネのことを指します。
このスプリングが伸びたり縮んだりすることによって、路面からの衝撃を吸収することができます。
スプリングの硬さも自動車に対して大きな影響を与えており、硬くすることによってコーナーリングにおける安定性を得ることができます。
その一方で、硬くしすぎることで、乗り心地が悪くなることもあります。

コメントは受け付けていません。