出先で故障した場合


自宅や会社の近くならまだしも、そうでは無い場所で故障してしまった場合、対処方法を知らなければ途方に暮れてしまうことになります。
エンジンの調子が悪い場合やスペアタイヤが無い状態でパンクしたなど、自力で対処することが不可能な時は、まずは落ち着いて交通の邪魔にならないよう安全な場所に移動し、ハザードランプを点灯します。安全な場所へ移動する前にエンジンが停止してしまった場合は、ギアをニュートラルに入れた状態で、降りてからハンドルを操作しつつ自力で押します。押すのが困難な場合は、遠方からでも確認できるよう停止表示器材を置きます。
移動が完了した後は、加入している保険やJAFのロードサービスに依頼するのが簡単です。
加入している保険によって適用範囲が若干異なりますが、故障した地点から目的地まで、あるいは自宅までの交通費が距離に関係無く人数分無料で支払われるほか、代わりに利用するレンタカーの基本料金が保険で賄われる物もあります。時間的に移動が困難な時は宿泊費用が支払われたり、レッカーが必要な場合には一定の距離以内であれば無料になるなど、契約内容によっては積極的に利用すべきです。
JAFは保険とは違い、会員単位でのサービスとなっています。このため、運転者がJAFに加入していなくても、同乗者が会員であればサービスを受けることが可能です。

コメントは受け付けていません。