ハロゲンバルブの働き


ハロゲンバルブはバルブの中に窒素などの不活性ガスと臭素などのハロゲン元素を微量に封入したバルブです。フィラメントは一般的なバルブと同じでタングステンが使われています。一般的な白熱バルブではフィラメントに電流を流すと徐々にタングステンが昇華してガス状になったタングステンがバルブの表面に付着したり、フィラメント自体が昇華する事で損傷しやすくなるために寿命が短くなります。しかし、ハロゲンを封入すると昇華したタングステンとハロゲンが化学的に結合してハロゲン化タングステンとなります。そして、このハロゲン化タングステンがフィラメントに戻り、再度タングステンを形成するというサイクリックな反応を起こします。そのため、ハロゲンを封入したバルブは一般的なバルブに比べて寿命が長くなるのと同時に、フィラメントを高温にする事が可能になります。フィラメントの温度が高くなると、フィラメントから出る光の色は白くなり光量も多くなります。一般のバルブに比べてハロゲンを封入したバルブの色が白く見え、明るいのはこのようなハロゲンとタングステンの化学的な性質が利用されたバルブだからです。また、タングステンがサイクリックに利用されてるのでバルブの表面が黒くなるなどの光量を低下させる原因も無くなります。プレゼント01

コメントは受け付けていません。