希望ナンバー制を利用できる条件について


希望ナンバー制度を利用すると、ナンバープレートの4桁の番号を好きな番号に選択することができます。ただしこの制度を利用するにあたっては条件があります。まず事業者向けのナンバープレートにはこの制度を適用できません。そしてたとえ自分の好きな番号だからといって、どの数字でも採用されるというわけではありません。人気のある番号は抽選となります。またこの制度を利用する場合は、通常のナンバープレート交付申請に比べて費用が高くなります。これは希望のナンバープレートにするとそれ自体が受注生産になるからです。この他にも条件があります。一部の地域においてですが、抽選になるナンバープレートの番号があらかじめ定められている場合がありますので事前にご確認ください。なおこの希望ナンバー制度が利用できるタイミングですが、まず、何らかの理由によりナンバープレートを破損してしまった場合、次は新規で登録をする場合、さらに登録の変更や管轄の変更を行う場合に限定されています。もちろんただナンバーを変更したいからという理由だけでこの希望ナンバー制度を利用することはできませんし、わざとナンバープレートを破損させるのも禁止されています。

コメントは受け付けていません。