車におけるバルブの重要性とバルブの種類について


車においては、バルブはエンジンの部品として使われています。これは、エンジンシリンダーから出入りする気体の通路を開けたり閉めたりする弁としての役割を有しています。自動車用エンジンとして一般的に用いられているレシプロエンジンでは、エンジンシリンダーの内部をピストンが上下することで、動力を得ています。そのためのピストンの行程は4行程に分けられます。即ち、給気、圧縮、燃焼、排気の行程です。
これらの行程の中で、給気行程では、ピストンの動きと連動した適切なタイミングで、エンジンシリンダー内にガソリンと空気の混合気体を吸入し、排気行程ではエンジンシリンダーから燃焼後の排気ガスを排出する必要があります。また、圧縮、燃焼行程では、エンジンシリンダー内部を密閉空間にしなければなりません。
もしもエンジンシリンダーに弁がなければ、エンジンの基本的な動きであるこれらの行程が成り立たなくなります。何故ならば、シリンダー内部を密閉空間にすることができないため、圧縮、燃焼サイクルが成り立ちませんし、弁が適切なタイミングで開かなければ、混合気を吸い込んだり、燃焼ガスを排出することもできないからです。従って、エンジンが作動するために必須の部品であり、車にとって最も重要な部品の一つです。
実際には、給気と排気の通路は別々であり、両者には違う種類の部品が用いられます。給気はエンジンシリンダー内の負圧で吸い込むため、通路を広くとる必要があり、排気側は燃焼ガスの高温に耐える必要があるからです。プレゼント04

コメントは受け付けていません。