車のトラブルに対応しよう


車に乗っていると、いろいろなトラブルに遭遇することがあります。
「出先で動かなくなった」。
この場合は、ロードサービスに連絡するのが確実です。
しかし、ロードサービスが来るまでは、できるだけ安全を確保しておく必要があります。
運転中に異常を察知したら、エンジンが動かなくなる前に、邪魔にならない場所に停めましょう。
ハザードを出したままでエンジンをかけてみて、動く様子がなければ、三角停止板を置いて周囲に異常を知らせます。
高速道路では、100mほど後ろに置かなくてはなりません。
また、発煙筒も使う必要があります。
これらの処置を行って、しっかり安全が確保できたら、ロードサービスに連絡してください。
「走っている時、急に動かなくなった」。
この場合、メーターパネルに設置された警告灯がすべて光ります。
そして、パワステやブレーキブースターなどの機能が効かなくなるので、ハンドルやブレーキが重くなったりします。
こうなった場合、初めてだとパニックを起こしてしまいがちですが、落ち着いてハンドルを握り、危険のない所まで移動させてください。
止める際はブレーキが効きにくくなっていますが、しっかり踏めば大丈夫です。
しかし、かなり強めに踏まなければなりません。ランドセル

コメントは受け付けていません。