車を購入して利用するまでの流れ


車は購入するだけならお金と実印と車庫があればできますが、納車されて実際に利用できるまでには結構な時間がかかります。その後のカーライフを充実したものにするために、全体の流れを把握して効率よく計画を立てるようにしましょう。まず始めに、どの車を買うかを決めるためにカタログを取り寄せてある程度買う車を絞っておき、同時に基本価格や大体の値引き価格、グレードやオプションなどを調べておきます。次にディーラーや販売店に行き、欲しい車と競合車についての見積書を出してもらいましょう。見積書は1つの店舗だけでなく複数の店舗で出してもらい、価格やサービスを比較します。購入の意思表示として試乗もしておきましょう。買う車が決まったら商談となり、営業社員との値引き交渉やオプション設定など詳細を詰めていきます。商談がまとまったら契約となり、支払い方法を決めて必要な書類を提出します。必要な書類はある程度営業社員が揃えてくれるので、自分で準備する必要はありませんが、印鑑証明を済ませた実印と、印鑑証明書、車庫証明書は用意しておきましょう。軽自動車の場合は印鑑証明書は必要なく、代わりに住民票が必要になります。書類の提出が終わり、登録前入金や納車前入金をすませ、保険の手続きが完了すれば納車となり、実際に利用できるようになります。テクノロジー01

コメントは受け付けていません。