リーフスプリングの働き


サスペンションとは車体と車輪をつないでいるもので、路面からの衝撃を緩和させて車体の保護や乗り心地の向上をさせる効果が得られるものとなります。
エンジンが搭載されるようになるより以前から、馬車の時代にはすでにサスペンションは考案されており、以後発展をしてきています。
初期のサスペンションは車軸懸架式で、構造としてはシンプルな設計になっています。
車軸懸架式のものが登場してから、独立懸架式のものへと発展していった形になります。
リーフスプリングとは、長さが異なっている細長い板状のものを重ね合わせたタイプのサスペンションで、板がたわむ作用を利用して路面からの衝撃を吸収することができます。
丈夫な上に部品の点数が少ないですので、板の枚数を変えることでバネレートを自由に調整が可能な点がメリットと言えます。
デメリットとしては乗り心地が悪い点を挙げることができて、重量の大きい物を積載するトラックやSUVに採用されているサスペンションのタイプとなります。
車軸の位置キメを行う方式のために構造は単純なものとなっており、スペースとしても小さくて済むので貨物車両のリアとして採用されることが多いサスペンションです。
コストがかかりにくい点も、大きなメリットと言えます。

コメントは受け付けていません。