抹消登録の方法と必要書類について


クルマの抹消登録には、解体まで済ませてしまっている場合の永久抹消、一時的に使用を中止する一時抹消、そして輸出する際に行う輸出抹消仮登録があります。通常、個人が廃車手続きをする際に行うのは一時抹消登録になります。一時抹消登録を行う場合に必要な書類は、専門業者に依頼する場合は、所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)、所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)、車検証、ナンバープレートが必要になります。すべてを自分で行う場合は、さらに手数料納付書、一時抹消登録申請書、そして地域によっては自動車税・自動車取得税申告書が必要です。また、車検証と住所が違う場合は住民票、氏名が違うときは戸籍謄本(発行日から3ヵ月以内のもの)が必要になります。

廃車手続きをすべて自分で行う場合の方法は、運輸支局で登録手数料の支払い、ナンバーを返却し、一時抹消登録申請書や車検証、所有者委任状など準備してきたものを提出します。しばらく待ったあと、登録識別情報等通知書の交付されますので、それを受け取り間違いがないか確認します。最後に税事務所へ一時抹消の申告します。これにより、自動車税が月割り計算で還付されます。

コメントは受け付けていません。