積載性能の高さが魅力


様々なボディースタイルの選択が可能な乗用自動車の中で、セダンタイプの走行性能とワゴンタイプの荷室の広さとを兼ね備えたステーションワゴンは、荷物が多くなりがちな長距離の旅行やレジャーの際、非常に使い勝手の良い移動手段となります。
セダンタイプのボディータイプの場合、荷物の収納が可能なスペースとして設けられているトランクルームでは、その容量にも制限が有る上に、開いたトランクドアの下からトランクルームへと落とし込む必要が有り、格納の際は勿論、取り出す時には引き上げなければならず、重量のかさむ荷物であった場合、大きな力を必要とするばかりか無理な体勢になりがちなため、怪我をしてしまう場合もあるのです。
対して、ステーションワゴンは大きな荷物を積載する事を前提に設計されているので、ドアは大きく開き、居住スペースまで利用する事が出来るように考えられた積載スペースは、段差などの障害物を極力排除した設計となっているのです。
更には、荷室と居住スペースとが繋がっている事で、走行中でも荷物を取る事もでき、長距離での移動の際には、大きなメリットを感じられるのです。
沢山の荷物を持ち歩きたいと、また、大きな荷物を持ち歩く必要が有るのであれば、ステーションワゴンの積載性能はとても有効なものとなるのです。

コメントは受け付けていません。