要注意!ウインドウ用ケミカル剤はウインドウを拭くとき


運転をしているときにウインドウがくもってしまったり雨水などが広がったりすると運転の邪魔になってしまう場合がありますが、ウインドウ用ケミカル剤を使ってウインドウを拭くことで雨水などを玉状の水滴にすることができますし、水滴になってはじかれたり風などで吹き飛ばされることによって邪魔にならずに運転しやすくすることができます。しかし、ウインドウ用ケミカル剤を使っている時にワックスや洗剤などが付いている雑巾などを使ってウインドウを拭いてしまうとムラができてしまう場合があります。そして、ウインドウ用ケミカル剤を使っていても一度ムラができてしまうと、ケミカル剤の効果が少なくなってしまって雨水などが玉状の水滴になりにくくなってしまいますし、水滴にならないと風などで吹き飛ばされにくくなってしまうので運転の邪魔になってしまう可能性があります。そのため、ウインドウ用ケミカル剤を使っている時にウインドウを拭く場合には洗剤やワックスなどが付いている雑巾などを使わないように注意する必要がありますし、ガソリンスタンドなどでウインドウを拭くサービスを受ける際も一度スタッフに相談することや場合によってはサービスを断ることなども必要です。

コメントは受け付けていません。