自賠責保険が役立つ理由とポイント


}PgžxQ自動車保険というのは、自動車を運転する人にとっては、加入しておいたほうがよい保険です。大きくは、自賠責と任意に分けられます。中でも法的に義務付けられているものとして、自賠責保険について触れてみましょう。
自賠責というのは、自動車の登録をするときや車検に通すときなどに必ず加入しなければならない保険です。ですから、登録されている自動車は自賠責には入っていることになります。
もしも、自動車の運転中に他者を傷つけてしまうようなことがあったら、保険を使って補償をしてもらうようにしなければ、実費ではかなり高額の負担になるので、多くの人では通常払いきれなくなるのです。しかし、任意に入っていなくても自賠責に入っているはずなので、自分の補償はできないのですが、相手の補償はしてもらうことができるのです。
対人賠償として、通常3千万円程度までの補償を受けることができるので、頼りになる保険なのです。相手が死亡したり、後遺症が残ってしまった場合など、ある程度の補償を受けられるのです。
できることなら、任意保険は入っておきたいものですが、自賠責に入っていれば、相手方に対しては金銭面などでカバーしてもらえるようになっているのです。

コメントは受け付けていません。