自動車をメンテナンスこだわりのポイント


自動車をいじることが好きな人では、本当に大切に乗り、かわいがることでしょう。自分の愛車を長持ちさせるには、メンテナンスが重要になります。
よくガソリンスタンドに行くと無料点検をしてくれるところがあります。どういったところを見てくれるのでしょうか。それが自分でできればなおよいでしょう。
まず、エンジンオイルの汚れです。通常、エンジンオイルは5000km走ったところか、半年経ったところで交換するようにします。エンジンオイルが汚れていると、燃費が悪くなったり、車の調子が悪くなったりするのです。ですから、非常に大事なメンテナンスです。
次にタイヤの溝や空気圧のチェックです。タイヤが擦り減ってくるとスリップサインというものが出てくるようになっています。つるつるにすり減ったタイヤは危険です。安全に運転するためにも、タイヤの溝がしっかりあるものに交換しましょう。空気圧はその車によって適する圧が違いますので、それに合わせて調整します。
そして、ワイパーやウォッシャー液の補充などのエンジンルームの点検などがあります。
また、見た目のメンテも大切です。ボディやホイールをきれいにすること、特にワックスがけなどをして、雨や風などの自然災害から守るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。